LocalでWordPressのバージョンを変更する

執筆日: 2021-11-02

概要

LocalはWordPress環境構築が簡単にできるツールです。
今回はWordPressバージョンの変更方法について紹介します。

LocalにはデフォルトでWP CLIがインストールされていますので、コマンドが使用可能になっています。

今回使用するコマンドライン「WP CLI」については以下の公式ホームページを参考にしてください。
https://wp-cli.org/ja/

ターミナルを開く

Open Site Shellからターミナルを開きます。

open shell

コマンド実行する

以下のコマンドを実行するだけでWordPressバージョンの変更が可能です。

wp core update --version=x.x.x --force --locale=ja

version部分は自分の変更したいバージョンに設定してください。

今回は--version=5.7.1に変更します。以下のようにコマンドを入力して実行します。

shell

あとは、サイトにてWordPressのバージョンが変更されているかを確認します。
バージョンは管理画面ダッシュボードにて確認できます。

注意点

以下の点に気をつけておきましょう。
バージョンを大きく変える場合、何が起こるかわかりません。

  • 使用しているプラグインの一時停止
  • テーマやメディアなどのバックアップ、mysqlデータベースのダンプファイル取得

運営について

Natural Tearoomはシステム開発会社フロントエンドエンジニアがんちゃんが運営するメディアです。
フロントエンド技術を中心に発信しています。

SNS

SNSも積極的に配信しています。
よければフォローお願いします!

© 2021 天然珈琲店